simフリー端末と普通のスマホの違いと使い方。

simフリー端末と普通のスマホの違いと使い方。

普通のスマホとsimフリー端末を併用することで、月々の通信費が四分の一になりました。
普通のスマホは「simロック」というものがかかっていて、携帯電話キャリアから契約時に渡されたsimカード(音声通話やデータ通信等に必要な情報を記録するカード)以外は使えないようになっています。

 

この制限がないのが「simフリー端末」。simロックの制限がかかっていないため、どんなsimカードでも自由に使うことができます。最近は月々千円以下で契約できる激安simカードが多数あるので、これらを使えば通信費をぐっと安くできます。こうした激安simカードは音声通話に対応していないものも多いので、「普通のスマホは音声通話だけ」「simフリー端末でデータ通信」という使い方がお勧めです。

 

私は音声通話を携帯キャリアのスマホ、データ通信を激安simカード入りのsimフリー端末にすることで、月々約八千円だった通信費を約二千円(普通のスマホの通話代約千円と、simフリー端末のデータ通信代約千円)にまで落としました。simフリー端末は携帯キャリアの割引サービスの恩恵を受けられないので端末代はかかりますが、それを考慮しても十分にお釣りがくる通信費の安さです。加えて、将来激安simサービスを乗り換えることになってもsimフリー端末はそのまま使えますので、十二分にお得な買い物でした。

 

ただ、まだまだ周りに使っている人も少ないので、通信速度とか、使い勝手とかは
分からないというのが本当の所です。

 

毎日使うものなので、とりあえずは、メジャーなソフトバンクとかを使おうかなと思っています。
キャッシュバック(おとくケータイ キャッシュバック)が付けば、かなり格安ですしね。

 

あと、2台持ちというのは基本的にずぼらな私には向かないかなと・・・

page top